教育講座で資格試験を受けよう!

講座 (国会議員政策担当秘書)

国会議員は目指していないけど、その関連の職種について政治の世界で活躍したいという人に人気の講座があります。
その人気の講座とは『国会議員政策担当秘書』という講座です。

 

国会議員政策担当秘書という資格は、国会議員の政策立案および立法活動などを専門的な立場から補佐する特別職の国家公務員で、国会議員の政策立案能力向上のために1993年に創設されました。
試験合格者は登録簿に記載され、議員がこの中から採用します。

 

受験資格は、①大学卒業者、卒業見込者。②試験委員会が①と同等以上の有識者と認めた者となります。

 

資格試験の合格率は5〜6%程度とかなり低いので、長い勉強期間を設けるか少しでも合格率をあげるために講座などを活用される事をオススメします。
資格を活かしての就職では議員事務所となります。

 

資格を活かしての仕事内容は調査や情報の収集・分析をして、議員の政策立案や立法活動、議員立法の取りまとめなどのサポート職務を行います。

 

公務員の中では役場づとめというより、資格の名の通りの担当秘書として専門的な政治活動を補佐する事となりますので、資格勉強中に政治の学習を積んでおけば、尚良く資格を活用できるので余裕のある方は取り組むようにしましょう。

 

そして、講座の受講ですが2年間の日程の講座で50,000円ほどで受講する事が可能です。他の公務員講座に比べると、料金的にはかなり安いのでオススメの資格・講座です。

 

講座 (国家公務員Ⅱ種)

最初は給料が安く「低賃金」と言われている公務員ですが、最終的には他の会社と同等以上の給料を『安定して貰える』というだけあって、日本では特に公務員は人気で、資格講座も人気です。
なので、そんな公務員の講座を受講しようと言う人は、学生を筆頭に多く特に『国家公務員Ⅱ種』という講座は就職への用途からも強い人気を誇っています。

 

国家公務員Ⅱ種という資格は各省庁の本省庁や出先機関で、行政事務、技術研究業務に従事し、行政および研究担当者の補佐をする中堅幹部職員です。
受験資格は①受験年の4月1日で21歳以上29歳未満の者。②21歳未満で短大、専門学校を翌年3月卒業見込み者、または、人事院がそれと同等と認定する者などとなります。

 

資格試験の合格率は7.2%ほどです。大学生の大半の人が公務員を目指す場合に取得を目指す資格なので、資格勉強の期間に余裕がある方や将来の公務員職を少しでも優位に進めたいという方にはオススメの資格です。

 

資格を活かしての就職では一般行政庁、国立大学・病院など出先機関の事務局、国立研究所、科学技術庁管轄の研究所、税関など。出先機関の幹部となることも可能。採用数は関東甲信越地方が圧倒的に多いです。

 

資格を活かしての仕事内容は各省庁の本省庁や出先機関で、幹部や特定分野のスペシャリストなどとして事務、技術、研究などの業務を行います。
そして、講座の受講ですが1年間の期間の講座が多く300,000円ほどで受講する事が可能です。

 

また、受講回数ですと220回前後となります。
なので、平日は全て受講となる講座なのでその点についても了承の上で講座を受けるようにして下さい。

 

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。
下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

 

<a href="http://www.ronyost.com/" target="_blank">http://www.ronyost.com/</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク